キービジュアル

大阪大学大学院薬学研究科 生体構造機能分析学分野

有機分子の多彩な機能を引き出すことを目的に、新たな分子の合成やその合成法の開拓を行っています。有機分子に機能を持たせるためには、官能基の導入が必要になります。その簡便な導入法として、複数の官能基を併せ持つ(多官能性)ビルディングブロックを活用した合成法や、従来にない簡便な酸化手法を駆使することで、医療材料などの高機能材料の開発に取り組んでいます。

当分野では大学院生を広く募集しております。有機化学、高分子化学、分析化学に基づいて多様な分野に取り組んでおります。詳細は淺原までお問い合わせください。

Topics

  1. 2022.04.21

    高尾さん(M2)、森口先生の論文がChemical Communicationsに受理されました(オープンアクセスです)。

  2. 2022.04.18

    ChemRxivにポリプロピレン不織布の機能化に関する論文をアップしました。

  3. 2022.04.01

    一般財団法人油脂工業会館 研究助成に採択されました。

  4. 2022.03.26

    日本薬学会第142年会(3/25-28)において学生1名がポスター発表を、学生1名が口頭発表を行いました。

  5. 2022.03.25

    日本化学会第102春季年会(3/23-26)において学生1名が口頭発表を行いました。

  6. 2022.03.24

    MA-T 学会ウェブサイトを開設しました。

  7. 2022.03.21

    薬学新棟(4号館)竣工式典が執り行われました。当分野も4階ラボで研究を行います。

  8. 2022.03.18

    日本農芸化学会2022年度京都大会(3/15-18)のシンポジウムにおいて口頭発表を行いました。

  9. 2022.03.05

    KUT:和田君(B4)、郝君(OB)の論文がJournal of Oleo Science誌に受理されました。

  10. 2022.03.02

    ChemRxivにカルバモイルクロリドの新規合成法に関する論文をアップしました。

  11. 2022.02.26

    KUT:盆子原君、高木君(OB)の論文がOrganic & Biomolecular Chemistry誌に受理されました。

  12. 2022.02.24

    MA-T学会が設立しました。

  13. 2022.02.15

    山口先生(高知大学)との共同研究成果に関する論文がPhycological Research誌に掲載されました。

  14. 2022.02.03

    新技術説明会にて発表を行いました。

  15. 2021.12.20

    Pacifichem2021(JST 12/17-21)において学生1名がポスター発表を行いました。